花金って言葉知っていますか?

まだ独身時代の時で花金と呼ばれていた金曜日の会社退社時です。その頃遠距離交際をしていた私は翌日の土曜日、翌々日の日曜日と連休であるにもかかわらず特に用事もなくつまらないなぁと思っていたので、会社の同僚達と飲みに行こうと言うことになりました。まだ夕方5時を過ぎたばかりで二十代後半の女子ばかり5、6人で飲みに行きました。これから10時過ぎまでたっぷり時間があるので、もう今夜は飲んじゃおうっていう気分でした。みんなかなりの飲んべえたちでビールだったら大ジョッキ10杯はいける程の強者もいます。という事でまずは地元のチェーン店の居酒屋で食事を取りつつビールで乾杯!同じくらいの年代、同じ職場ということもあって自然と上司への不満の暴露大会となりました。同じお店に何時間も居座るのは気がひけるので、二次会へと場所を移動します。1軒目の居酒屋とは雰囲気を変えたいので、ちょっとおしゃれなバールタイプのお店にしました。メンバーの中の一人が行ったことがあるらしく、お洒落だけどもリーズナブルなお店です。そこは毎回カウンターのウェイターにお金を払ってお酒を受け取るシステムで、ちょっとめんどくさいと思いつつも外国に行った感覚でした笑。ここでは女子が集まれば絶対の恋話です。やれ誰が別れたの誰がくっついたの、結婚するのってどうでもいい話で盛り上がります。やがて10時を過ぎる頃には帰宅する者も現れ、三人くらいで締めのお店に行きます。おでんがある静かなお店で本音トークでお開きでした。