そこまでして、人はなぜ働くのか

仕事で上手くいかなくて、なにをやっても空回り、私の会社は職種によって、忙しさがちがうので、後ろのほうで、他の女子社員がへらへらして、大声で笑っているのに、私だけ、忙しくて休憩する暇もなく、上司にはしかられ、あほくさい、もうやめたいと思いながら仕事をした日。毎日毎日同じことの繰り返しで、夜中もトラブルがあったら呼び出され、安い時間外で手当もつかず、ブラック企業か。と叫びたくなる毎日を過ごしています。でも、家を購入して、ローンもあるし、お金に余裕がないわけではないけれども、もっと子供とお出かけしたり、楽しく過ごしたい。時間に余裕もほしいし。ゴールデンウィークやシルバーウィークは世間は連休だけど、私は仕事。
連休はどこも混雑しているので、たまの平日休みはそれはそれでいいと思うけれども。そんなことを繰り返して、「今日は飲んじゃおう」と思います。
夜もトラブルがあったときは、出動しなければいけないので、当番の日は飲酒もできない。その反動か、当番ではない日は飲みたい衝動にかられてしまい、帰宅途中には、コンビニでお酒を買いあさって帰宅。子供を寝かしつけて、お風呂に入って、ゆっくり飲める楽しみ。
上司はその上の上司の顔色ばかり伺って、やることが陰湿。みんなに嫌われて、これ書いてる最中にも腹立たしい。自分の評価しか考えてないじゃないか。部下をこき使って、自分は先に大金して、ほんとに腹立つ上司。もう、これ書いている最中にも、もう飲んじゃおうと思っている私です。このまま嵐のライブ動画観て飲んじゃいます。

花金って言葉知っていますか?

まだ独身時代の時で花金と呼ばれていた金曜日の会社退社時です。その頃遠距離交際をしていた私は翌日の土曜日、翌々日の日曜日と連休であるにもかかわらず特に用事もなくつまらないなぁと思っていたので、会社の同僚達と飲みに行こうと言うことになりました。まだ夕方5時を過ぎたばかりで二十代後半の女子ばかり5、6人で飲みに行きました。これから10時過ぎまでたっぷり時間があるので、もう今夜は飲んじゃおうっていう気分でした。みんなかなりの飲んべえたちでビールだったら大ジョッキ10杯はいける程の強者もいます。という事でまずは地元のチェーン店の居酒屋で食事を取りつつビールで乾杯!同じくらいの年代、同じ職場ということもあって自然と上司への不満の暴露大会となりました。同じお店に何時間も居座るのは気がひけるので、二次会へと場所を移動します。1軒目の居酒屋とは雰囲気を変えたいので、ちょっとおしゃれなバールタイプのお店にしました。メンバーの中の一人が行ったことがあるらしく、お洒落だけどもリーズナブルなお店です。そこは毎回カウンターのウェイターにお金を払ってお酒を受け取るシステムで、ちょっとめんどくさいと思いつつも外国に行った感覚でした笑。ここでは女子が集まれば絶対の恋話です。やれ誰が別れたの誰がくっついたの、結婚するのってどうでもいい話で盛り上がります。やがて10時を過ぎる頃には帰宅する者も現れ、三人くらいで締めのお店に行きます。おでんがある静かなお店で本音トークでお開きでした。